スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • [ - ]
  • -

ひさしぶり

 いろいろあって、23時近くに事務所を抜け出してしょうがを買いにいくことになった。スパーマーケット系は当然しまっている時間帯だけれど、以前住んでいた場所から歩いてすぐのところにある八百屋は結構遅くまであいていたよな、と久しぶりに行ってみた。店じまいをしていたけれど、売ってもらえた。グルガオンを離れてほぼ1年が経つのに、覚えていてくれたのが嬉しかった。

カフェぶら。

  寝不足が続いているとはいえ、気温は日に日に上昇を続けていて、とても「夢も見ずに熟睡」というわけにもいかず。朝起きると、マットレスがびっしょり湿っている。クーラーが買えない、というわけではなくて、その程度の余裕は当然あるけれど、なんとなく買う気になれない。「資産」が増えることにためらいがあるのかもしれない、と自己分析をしているのだけれどどうだろう。

 とはいえ、家にいては暑くて暑くて仕方がないので、カフェに涼みに行くことにする。休暇をとる前に仕上げなくてはならないプレゼンがあるため、ラップトップやロンプラを抱えて少し遠くのバリスタへ。(家の近くのバリスタは、チョコタルトを置いていないので。)本当は再オープンしたmochaに行きたかったのだけれど、人がいっぱいで待つ気になれず。アイスアメリカーノをがぶがぶ飲んで、プレゼンの構成やらデザインやらを考えつつ、旅行のプランも練りつつ。

ようやく

 仕事帰りのカフェに成功したのだけれど、ふと手元にあった「Times Food Guide」を見てみたら、なんと事務所の隣のビルにもバリスタがあった。たしか隣のビルは某社が全部借り切っていたと思うのだけれど、地階にあるみたいだし、なんとか利用できないものか。

 23時頃に、日本から「遅くまでお疲れさまです」というメールが届いたのですが、どう考えてもそっちの方がお疲れさまでしょう、と心のなかで総つっこみ。

日本はゴールデンウィークだというのに

 帰宅時間が全然はやくならないのは何故だろう。せっかく夜遅くまでやってるカフェがあるのに、閉店に間に合わない日々。

 休暇をとってダージリンに行く次の週に、某部門がリシケシュ旅行を企画しているらしい。「お前も行くか」って誘われたけど、行ったばっかりだし、みんなと仲がいいわけではないし、なんだかんだで悩むところ。行ったら行ったで絶対に楽しいとは思うのだけれど、気疲れするのもまた確実。

Barista

@ハリドワール

 うちの近くのバリスタは、日付がかわってから帰宅しても灯りがついているので、何時まで営業しているのか、ずっと気になっていた。家にいても暑いだけだし、甘くないコーヒーが飲みたいし、ということで、日差しが少しやわらかくなってから確認がてら涼みにいった。深夜12時半まで営業しているとのこと。くたくたになって帰宅して、コーヒーが飲めるのは嬉しい。バリスタといえば、Lavazzaのあまくないアイスコーヒーと、小さなチョコタルト。

pagetop▲